GIGAZINEにツッコミを入れるブログ 2009
いつも楽しい話題を提供してくれるGIGAZINE(ギガジン)に、TheURAがひたすらつっこみを入れるブログです。ネタがない時には、本当に助かってます。2009年版。
最新のコメント

2009年05月

国内で初めてハイビジョン動画撮影に対応したauの本格ムービーカメラケータイ「MobileHi-Vision CAM Wooo」速攻フォトレビュー

auの携帯電話で、500万画素の光学3倍ズームカメラを搭載し、国内で初めて1280×720、30fpsのハイビジョンムービーが撮影可能となった日立製の「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」が登場する模様。

いや〜、携帯電話の進化は止まりませんね。静止画に関しての性能向上が打ち止めになったかと思ったら、今度は動画機能というわけですね。携帯電話の小さな画面で見るには、ハイビジョンムービーの恩恵はあまりありませんが、携帯電話自体にテレビ出力機能を持たせているので、パソコンが使えない人でも、ビデオカメラとして楽しめるようになっているようです。

筆者もかつて、携帯電話とデジカメ両方持ち運ぶのは面倒ということで、当時最強だった500万画素デジカメターケイ、ソフトバンクの910SHを愛用していましたが、今回の「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」も、本格的なビデオカメラを持ち運ぶのが面倒な人に支持されるのでしょうか。

ぜひ他社にも追随してもらいたいものです。



あのGoogle製のブラウザ「Google Chrome」がバージョンアップ、さらに爆速に

ホームページを見るのに使うソフトのことをWebブラウザと言いますが、通常はマイクロソフトのInternetExplorerを使っている人が多いと思いますが、検索エンジンで有名なGoogleも、GoogleChromeという名前のWebブラウザを無料で配布しているのです。今回は、そのバージョンアップ版の紹介。

GoogleChromeのメリットは、とにかくスピードが速いこと。ちょっと古めのパソコンに最適かと思われます。ただ、ホームページを印刷する時に背景が印刷されなかったり、印刷プレビュー機能がないなど、まだすべての機能が揃っているわけではありません。

実はGoogle ChromeにはUSBメモリなどに入れて持ち運べるポータブル版があり、同じくUSBメモリに入れて持ち運べるFirefoxに比べると起動が倍以上早く、個人的にはポータブル版の方に注目しています。ちょっと試用してみましたが、かなりいい感じですよ。ポータブル版、お勧めです!

1万2000円で約2万円相当のマクドナルド商品と引き換えできる「“景気をつかもう”商品券」

マクドナルドが定額給付金にちなんだ、ブックレット形式のクーポン券を販売するとのこと。

1万2,000円で、最高で2万円相当の商品がもらえるので一見お得な感じがします。しかし冷静に考えてこういうものを先に買ってしまうと、自分のお腹の空き具合と相談することなく、強制的にセットメニューを頼むことになるので、必要以上に食べさせられる可能性があります。

また、クーポンだけ提示して、お買い上げ金額0円のレシートをレジで受け取るのが恥ずかしいと感じて、もう一品追加で頼んだりするなんてことになれば、さらに出費することになります。

中には得した気になって、何枚か他人に気前よくあげちゃったりする人もいるかもしれませんが、マクドナルドはいつも何らかの割引キャンペーンやっているので、必ずしもクーポンをもらった人は、額面通りの感謝はしないと思います。

100円マックがあることも考えると、消費者側からすればあまりメリットがあるようには思えませんが、それでも買う人は買っちゃうんでしょうね。

単三電池で動くミニノート「The Gecko Laptop」登場、価格は2万円程度

最近流行のネットブックパソコンに、乾電池モデルが登場!しかもお値段2万円!

通常、ノートパソコンには専用のバッテリーが使われるのが当たり前ですが、今回、単三電池8本をバッテリーとして使えるモデルが登場するそうです。電池の本数的には多く感じますが、1本30gとして240gなので、特別重いというわけではなさそうです。また、単三型のニッケル充電池は今では100円ショップにも売っているので、8本買っても840円。予備のバッテリーを用意するにしても、激安ではないでしょうか。単三電池なので、汎用性も抜群ですし。

ただこれ、本体に電池を入れた状態で充電できるのでしょうか?充電の度に電池取り外しなんて面倒でやってられませんが。アルカリ電池入れた状態でACアダプタつないだ時も充電しようとして、液漏れして壊れるなんてことにならなければいいのですが。ともあれ、結局自宅でコンセント繋ぎっぱなしで使う人も多いと思うので、そういう人には絶好の低価格ノートパソコンですよね。

ただ、EeePC900あたりが実売3万円あたりまで価格が下がっていることを考えると、乾電池採用の部分に魅力を感じない限りは、あまりお買い得感はない気がします。最近、8.9インチサイズのネットブックの新製品も減っていることから、個人的には頑張って欲しいですが。

世界初の512GBのSSDを搭載したノートパソコン「dynabook SSRX2/WAJ」登場、本日から直販開始

最近ハードディスクの代わりに搭載されているSSDですが、ついに512GBの容量のものが登場し、ノートパソコンに採用されたようです。

直販価格で約40万円と、最初なので非常に高額ですが、ゆくゆくは値段が下がっていくものと思います。しかしノートパソコンで512GBという容量は、ハードディスクでもあまり見られない容量なので、すごいですね。そんなに容量があっても、現状では地デジを録画する用途ぐらいにしか使い道がないと思うのですが。

個人的にSSDのメリットは読み込みが高速なことだと思うので、一昔前のパソコンのハードディスクと交換して、Windowsの起動を速くできるのが一番のメリットだと思ってます。今ならWindowsの起動ドライブのみ32GB程度のSSDにして、データを記録する大容量な部分は安価なハードディスクを採用するのが良い気がしますが、時代はオールSSD化の流れなのでしょうね。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。