GIGAZINEにツッコミを入れるブログ 2009
いつも楽しい話題を提供してくれるGIGAZINE(ギガジン)に、TheURAがひたすらつっこみを入れるブログです。ネタがない時には、本当に助かってます。2009年版。
最新のコメント
トップページ > ゲーム機 > オークションに謎のニンテンドーDS周辺機器「3777788」が大量出品

オークションに謎のニンテンドーDS周辺機器「3777788」が大量出品 - ゲーム機

オークションに謎のニンテンドーDS周辺機器「3777788」が大量出品

先日、Yahoo!オークションに出品が禁止された「マジコン」。「マジコン」というキーワードを使うと出品が削除されてしまうため、名前を変えて出品されているという話です。

そもそも「マジコン」というのは何かというと「NintendoDS」という携帯ゲーム機に装着することで、メーカーの販売しているソフト以外のプログラムが動くようにする機械のことです。といっても、自分でソフトを作ろうなんて人はそんなに多くないはず。じゃあ何で売れてるのかというと、マジコンがあれば、NintendoDS用の市販ゲームが無料で遊べてしまうからなのです。そのからくりはこうです。

海外国籍の誰かが市販のゲームのデータをパソコンで取り込んで、ホームページで公開
(日本国籍の人が行うと犯罪で取り締まられます)
 ↓
海外のホームページからゲームのデータをダウンロード
(執筆時点ではダウンロードは犯罪にはなりません。今後、日本でダウンロード禁止法が施行されれば、犯罪になるので注意)
 ↓
データをSDカードにコピーしてマジコンに装着
 ↓
NintendoDSでゲームをプレイ


モラル的に悪い(ほとんど万引きに近い)ということは誰にでもお分かりだと思いますが、今の日本の法律では取り締まることができないので、ソフトを販売しているメーカーと、正規にソフトを買っている人が馬鹿を見るような状況になってしまっています。マジコンの存在を知らないのが逆に損している気分になるほどです。

NintendoDSを販売しているメーカーは任天堂ですが、NintendoDSのゲームを開発・販売するために、他の会社は任天堂にお金を払って提携しています。そして多額の予算をかけてゲームの開発をしているわけですが、ゲームが売れてこれらの費用が回収できないと、新しいゲームが作れなくなってしまい、最悪会社が倒産してしまいます。任天堂自身はNintendoDSの本体は売れるわけですが、基本的にゲーム機自体は安く販売して、ソフトで利益を得る方式で販売しているので、本体だけ売れてもあまり儲けになりませんし、何より提携している会社からゲームを勝手にコピーされている現状を責められているはずです。

なのでYahoo!オークションへの出品禁止や、ダウンロード禁止法施行の流れも仕方がないことです。しかしいざダウンロード禁止法が始まると聞けば、今のうちにいろいろ集めとけみたいな心理が働く人も多い気がするのですが、それはそれでどうなのかと…。



名前  本文 認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

片腹IT 2009年03月09日 17:26
GIGAZINEの記事より視点が身近で親近感がわきました。確かにそうですね…。
通りすがり 2009年03月09日 17:26
> 基本的にゲーム機自体は安く販売して それはプレステ系の話。DSは元が取れる値段ですよ?
TheURA 2009年03月09日 18:01
PSPの原価も、今では本体の販売価格以下になってると思います。ただ、パソコンのプリンタが交換用のインクで利益を得るとか、携帯電話が毎月の利用料金で利益を得る仕組みと一緒で、ゲーム機もソフトを売らないで本体だけ売れても、大きな利益にはならないのですよ。
A 2009年03月10日 21:35
DSは昔のケータイのような売り方をしているんですね。
TheURA 2009年03月11日 00:29
ですねー。携帯電話は今は割賦販売が主流ですね。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。