GIGAZINEにツッコミを入れるブログ 2009
いつも楽しい話題を提供してくれるGIGAZINE(ギガジン)に、TheURAがひたすらつっこみを入れるブログです。ネタがない時には、本当に助かってます。2009年版。
最新のコメント
トップページ > パソコンハード > 単三電池で動くミニノート「The Gecko Laptop」登場、価格は2万円程度

単三電池で動くミニノート「The Gecko Laptop」登場、価格は2万円程度 - パソコンハード

単三電池で動くミニノート「The Gecko Laptop」登場、価格は2万円程度

最近流行のネットブックパソコンに、乾電池モデルが登場!しかもお値段2万円!

通常、ノートパソコンには専用のバッテリーが使われるのが当たり前ですが、今回、単三電池8本をバッテリーとして使えるモデルが登場するそうです。電池の本数的には多く感じますが、1本30gとして240gなので、特別重いというわけではなさそうです。また、単三型のニッケル充電池は今では100円ショップにも売っているので、8本買っても840円。予備のバッテリーを用意するにしても、激安ではないでしょうか。単三電池なので、汎用性も抜群ですし。

ただこれ、本体に電池を入れた状態で充電できるのでしょうか?充電の度に電池取り外しなんて面倒でやってられませんが。アルカリ電池入れた状態でACアダプタつないだ時も充電しようとして、液漏れして壊れるなんてことにならなければいいのですが。ともあれ、結局自宅でコンセント繋ぎっぱなしで使う人も多いと思うので、そういう人には絶好の低価格ノートパソコンですよね。

ただ、EeePC900あたりが実売3万円あたりまで価格が下がっていることを考えると、乾電池採用の部分に魅力を感じない限りは、あまりお買い得感はない気がします。最近、8.9インチサイズのネットブックの新製品も減っていることから、個人的には頑張って欲しいですが。



名前  本文 認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

おにょ 2009年05月15日 11:12
多分充電機能はついてないんじゃないかと思いますが、専用バッテリも用意されているようですから、もしかしたら専用バッテリを使う場合には充電も可能かもしれませんね。
TheURA 2009年05月15日 12:44
サイトによると、ニカド充電池8本(4時間)か、3セルのバッテリ1つ(4時間)、もしくは2つ(6時間)とあるので、逆にアルカリ電池に対応していないのかもしれません。まあこのパソコンが話題になるとしたら、国内でも容易に入手が可能になってからでしょうね。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。