GIGAZINEにツッコミを入れるブログ 2009
いつも楽しい話題を提供してくれるGIGAZINE(ギガジン)に、TheURAがひたすらつっこみを入れるブログです。ネタがない時には、本当に助かってます。2009年版。
最新のコメント
トップページ > ネットサービス > 「2万8000円でWikipediaに記事を作ります」という宣伝業者が登場

「2万8000円でWikipediaに記事を作ります」という宣伝業者が登場 - ネットサービス

「2万8000円でWikipediaに記事を作ります」という宣伝業者が登場、Wikipediaの信頼を揺るがす大問題に

オンライン百科事典「Wikipedia」に2万8000円でページを作り宣伝を請け負う「宣伝くん」という業者が現れて問題となっているとのこと。

迷惑行為を行う人というのはどこにでもいるものですね。迷惑メールを送る業者というのは、特にどこか決まったネットサービスを利用しているわけではありませんが、今回の場合は、明らかにWikipediaだけを対象としているわけで。「mixi」で足跡を自動的につけるソフトを利用している人も相変わらずいますし、特定のネットサービスだけを対象とした迷惑行為をビジネスにしようと考える人は、数多くいるわけです。

ただ、企業が宣伝を書き込むというのは、直接的ではないにしろ、2ちゃんねるでも日常的に行われていることです。クチコミの信用度が高いことを利用して、amazonや価格.comなどに、メーカーの人間が高い評価のレビューを書き込んでいる可能性も隠せません。いかにさりげなく情報操作ができるかによって、批判の度合いも変わって来るわけで、今回のWikipediaのがあからさま過ぎただけのような気もします。

逆にライバル会社を装って迷惑行為にあたる宣伝活動をして、ライバル会社の評価を下げようとする輩も現れるかもしれません。すると尚更情報の真実性が見えなくなってくるわけです。

何事も、受け取った情報は鵜呑みにしないで、いったん自分の中で消化してから吸収する必要があるということですね。


でもまあ、一見おろかに見える今回の行為が、「株式会社代行企画」という名前を売る目的だったとすれば、GIGAZINEもそれにまんまと乗せられてるわけで、せめて「http://www.sendenkun.net/」のアドレス価値を高めない(Google Rank等を上げない)ために、リンクタグにrel="nofollow" ぐらいはつけて欲しいものです。



名前  本文 認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。