GIGAZINEにツッコミを入れるブログ 2009
いつも楽しい話題を提供してくれるGIGAZINE(ギガジン)に、TheURAがひたすらつっこみを入れるブログです。ネタがない時には、本当に助かってます。2009年版。
最新のコメント

携帯電話

DVDのバーコードを携帯電話で撮影すると自動的にファイル共有ソフトでダウンロードしてくれる「Torrent Droid」

Google携帯で市販のDVDのバーコードを撮影すると、自宅に待機させたパソコンに、ファイル共有ソフトの「BitTorrent」を使ってダウンロードさせるアプリが作られているそうです。何だかすごく悪いことのように聞こえますが、結局はDVDのタイトル名で検索して、ファイル共有ソフトでDVDの中身をダウンロードする行為と一緒なわけで、別に大騒ぎするほどのことでもありません。むしろ店頭に行ってバーコード写す手間がかかる分、面倒なほどです。

ただし気をつけていただきたいのが、今の日本の法律では、著作物のダウンロードは違法になりませんが、アップロードは犯罪になるということ。WinnyやShareなどもそうですが、ファイル共有ソフトではダウンロードと同時にアップロードも勝手に行われるため、詳しい知識なしにこれらのソフトを起動すると、犯罪者になってしまう可能性があります。要するにアップロードしない設定にすれば問題ないわけですが、皆がそういう設定にするとファイル共有の仕組み自体が成り立たないので、標準ではアップロードしない人はダウンロードの速度がすごく遅くなるように作られているのです。中にはファイル共有ソフトを改造して、アップロードしない設定でも速い速度でダウンロードできるようにして使っている人もいますが、逆に言えば、そこまで知識のある人でなければファイル共有ソフトは使ってはいけない代物とも言えます。ちなみにBitTorrentには匿名性がまったくないので、誰とどのファイルをやり取りしたという記録が契約しているプロバイダには筒抜けですので、気をつけましょう。また、近々始まるとされるダウンロード禁止法施行後は、ダウンロードも犯罪になりますので、今後のニュースはよくチェックしておきましょう。

DVDに関しては容量が最大で8.7GBもあるため、わざわざダウンロードするよりも、近所のレンタルショップで借りる方が手っ取り早いです。最近のパソコンならDVDをハードディスクにコピーするのも1枚15分程度でできてしまうので、半額デーを狙って当日借りして返せば、1枚100円程度で手に入ります。近所にレンタルショップがない人は「TSUTAYA DISCAS」「楽天レンタル」などのDVD宅配レンタルサービスを利用すると良いでしょう。

なお、DVDをコピーする行為自体が今の日本の法律でどうなのかというと、ちょっと難しい話になります。というのも、DVDには
 ・DVDをパソコンでコピーできないようにするCSS
 ・DVDの映像を、ビデオデッキなどで録画できないようにするマクロビジョン
の2種類のプロテクトがかけられており、CSSを解除すること自体は問題がないとされています(理由は省略)。しかし多くの人が使っているであろう「DVD Decrypter」や「DVDShrink」といったソフトは、標準ではCSS解除だけではなくマクロビジョンも一緒に解除する設定になっています。なので正確には、CSSだけを解除してマクロビジョンを解除しない設定でコピーすれば、一番問題がないと言えます。しかし本屋などで売られているDVDコピーの解説本には、この事が書かれていないので、ほとんどの人はマクロビジョンも一緒に解除してしまってるでしょうから、日本には犯罪者がたくさんいることになります。しかし誰かが家まで調べに来るわけでもないし、結局はマクロビジョンを解除しなくてもDVD自体はパソコンでコピー可能で、再生にも何ら問題ないわけなので、この部分については特に大きな問題ではないわけですが。

質疑応答掲示板などを見ていると「DVDコピー」と言う言葉を聞いただけで「違法」と返す正義感の強い人がいます。モラルの高さは認めますが、同時に法律に関しての無知をアピールしていることになるので、皆さんもDVDコピーについて掲示板などで発言する時には気をつけましょう。



東芝がNTTドコモに再参入か、FOMA端末を発売へ

東芝って、長いことドコモ向けに携帯電話を出してなかったんですね。意外。で、どんな機種になるのかと思ったら、どうもiPhone風のものになるようです。microSDが使えたりDivX形式の動画の再生ができたりと、iPhoneよりもスペック的には良いものになりそう。

でも東芝って、ブランド戦略がちょっと下手なメーカーです。音楽プレーヤーとして「gigabeat」シリーズを販売しているのですが、アップルのiPodやソニーのウォークマンに比べると、知名度は圧倒的に下。シャープの「AQUOS携帯」のように、テレビのブランド名を使った「REGZA携帯」を出していますが、音楽プレーヤー部分に特化した「gigabeat携帯」も出せばいいのにという気がします。

でも東芝の携帯電話の人気待ちうけキャラ「くーまん」には熱狂的な支持者がいますから、キャラクター戦略的には大成功ですね。

ヨーロッパでウワサのあの携帯電話が発売開始!「Google 携帯」を実際に使ってみたin CeBIT2009

日本ではYahoo!に次ぐ検索エンジンとして有名なGoogleですが、ついに携帯電話事業にまで進出です。Googleはホームページの検索サービス以外にも、地図やYouTubeなど、様々なサービスを行っていますが、Google携帯ならそれらのサービスが、より利用しやすくなっていると考えて良いでしょう。Softbankの922SHを使ってる筆者としては、フルキーボードを搭載しているのに好感が持てます。特に日本人はメールが好きなので、パソコンでローマ字入力に慣れている人は、フルキーボードの方が入力が早いですよね。個人的には、かな入力にも対応してくれていたら、なお嬉しいのですが。(無理) iPhoneと違ってmicroSDを挿せるのも、大きなポイントかもしれませんね。

iPhoneの日本での販売はソフトバンクになりましたが、Google携帯が日本で発売されるとしたら、DoCoMoになるのでしょうか。ただ、iPhoneの場合がそうであったように、日本で発売するとなると、やはりワンセグやお財布ケータイなど、日本特有の機能にどこまで対応できるかが普及の鍵と言えそうです。

総務省が携帯電話の「圏外」を大幅に改善へ

日本にはまだ携帯電話の電波の届かない場所に住んでいる人もいるわけで、そういう地域向けにアンテナを立てるための補助金を国が出すというニュースですね。でも携帯電話にはDoCoMoとauとSoftbank、PHSにはWILLCOM、最近ではイーモバイルなんかもあるわけですが、どのキャリアにいくら補助するのかが分からないですね。現状だと通信エリアに関しては、DoCoMoが圧倒的に有利だと思うのですが。

個人的に使っているSoftbankでは、ちょっと田舎道に入っただけで圏外になる事も多いので、少しでも通信エリアが広くなることを期待したいと思います。

iPhone 3Gが日本でも値下げ、実質負担額がなんとゼロ円に

ソフトバンクの携帯電話を使おうと思わない人にはまったく関係のない話ですが、iPhoneが安く買えるというお話です。今回の値下げは、発売から時間が経ったことによるもの。型落ちする前に在庫を処分しようというメーカーの思惑があるのでしょうね。

ただ0円とは言っても、S!ベーシックパックとパケット定額フルに加入しないといけないため、最低でも月額2,324円×26ヶ月と、新規事務手数料2,835円を支払うことになります。つまり合計63,259円。

電話機能がない以外はほとんど同じである「iPod Touch」が27,800円で売られているので、別に無理してiPhoneにする必要はない気がします。音楽や動画再生、ゲームなどでバッテリーを消耗して、肝心な時に通話やメールができないのでは、話にならないわけで。もしS!ベーシックパックとパケット定額フルなしで契約できたら、また話は違ってくるんでしょうけれども。

≪ 前のページ 1 2  次のページ ≫


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。