GIGAZINEにツッコミを入れるブログ 2009
いつも楽しい話題を提供してくれるGIGAZINE(ギガジン)に、TheURAがひたすらつっこみを入れるブログです。ネタがない時には、本当に助かってます。2009年版。
最新のコメント

スポーツ

スポーツドリンクは飲まなくても口に含むだけで運動パフォーマンスを上げる効果がある

題名の通りです。

しかし、口に含むだけで…って言われても、吐き捨てるわけにはいかないですし、よくよく読めば、結局、疲れている時に糖分をとったら疲れがとれますよという、昔からよく言われていることなので、何も目新しいことではありません。

筆者も本当に疲れている時には炭酸ジュースが飲みたくなります。炭酸ジュースは通常の清涼飲料水よりも砂糖がたくさん溶けてて、かつ炭酸のおかげで早く体中にいきわたるため、のどごし以外にも体が欲するんですよね。

でもまあ、オリンピックなどでコンマ数秒差のタイムを争う人には、重要なことなのでしょう。ここまでこだわったら、ドーピングとの境目ってどこだろうって思いますが。



食べても太らない体にできる酵素が発見される

「MGAT2」という名前の酵素の機能を停止させたところ、実験用のマウスが高脂肪の食事をしても太りにくくなったとのこと。これが人間にも適用できれば、肥満が原因で引き起こされる数々の病気に有効なのでは…という内容の記事です。

肥満というのは食べ物が余っているからこそなりうるもので、贅沢だと言えます。食べる量を減らさずに太りたくないというのですから、人間ってどこまで厚かましい生き物なんだろうと思いますが、一方で、少しずつ人体の秘密が明らかになっていくのは、大変興味深くもあります。

ただ「食べても太らない」というだけで、美容方面の期待を抱いている人も多いと思いますが、ちょっと違う気がします。脂肪が少なくても、ある程度筋肉がないと、見栄えの良い体にはなれないのです。男子の場合なら、文化部系と体育会系の学生を見比べれば、一目瞭然ですね。女の子ならあまり筋肉とか必要なさそうに感じるかもしれませんが、やはり猫背よりは姿勢の良い方が、魅力的に見えます。

社会人になると運動する機会はめっきり少なくなりますが、自主的なランニングなどが続かない人は、地元の草野球チームやテニスクラブに参加してみても良いですし、会社帰りや休日にスポーツクラブに通うのも良いでしょう。「お金払ってまで運動したくない」「いかにもジム通って鍛えた体って思われるのが嫌」という固定観念を持ってる人も多いと思いますが、スポーツクラブにはサウナやマッサージ機があるのでスーパー銭湯代わりに使えますし、職場以外の交友関係ができるので、上司に対する不満を言い合ってストレス解消するなど、通わないと分からない、運動する以外に得られるメリットも数多くあります。

「私、家でWiiFitやコアリズム頑張ってるもん」という人も多いかもしれませんが、スポーツクラブに通って本格的にエアロビクスやダンスなどのレッスンを受けている人からしてみたら「何を自宅でこじんまりと…」という考え方しかされませんし、自宅トレーニングって、あまり他人に自慢できるような格好良い話でもありません。(だから長続きしにくいのでしょうが)

スポーツクラブに行った事がない人は、「スポーツクラブ初心者向け情報」も参考にしてみて下さい。

水から出たらわずかな時間で乾いてしまう水着「Sun Dry Swim」

海水浴に行くと、海から出た後に水着を着たままご飯を食べたりする場合も多いと思いますが、この水着なら、すぐに乾くらしいです。

一瞬魅力的な商品に感じましたけど、よく考えたら海水浴や屋外プールって暑い季節に行くわけで、別にこの水着でなくてもすぐに乾くのではないかと思いますし、スポーツクラブのプールなら、たいてい水着用の脱水機が置いてあり、人間も泳いだ後はすぐにサウナに入ったりシャワーを浴びたりするわけなので、実はこの水着に替えたところで、たいして恩恵がないのではないかと思います。水着の場合、SPEEDとかARENAとか、ブランドで選ぶ人も多いので、結局はこういうメーカーと提携できるかどうかですよね。

速乾性素材は子供用のスクール水着には需要ありそうですけど、値段が高ければ学校も採用しないですよね。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。