GIGAZINEにツッコミを入れるブログ 2009
いつも楽しい話題を提供してくれるGIGAZINE(ギガジン)に、TheURAがひたすらつっこみを入れるブログです。ネタがない時には、本当に助かってます。2009年版。
最新のコメント

デジタル機器

携帯電話やゲーム機、ノートPCなどを同時に充電できる軽量でコンパクトな外付けバッテリー「MyBattery Book X」

携帯電話やNintendoDS、PSPなどの携帯ゲーム機、ノートパソコンを同時に充電できる軽量・コンパクトな外付けバッテリー「MyBattery BookX」がJTTから発売されるそうです。

この大きさで8,000mAという容量はすごいですね。ただこれは3.7V稼動時の数値であって、5Vで動かした場合には5920mA相当になります。とはいえノートパソコンの場合、バッテリーを別に買い足すぐらいなら、汎用性のあるこの製品を買った方がいいと思います。ただ、単なるバッテリーにしちゃったのが残念です。もしこのバッテリーにMP3再生機能を内蔵させたら、平気で200時間以上連続再生可能なMP3プレーヤーになったでしょうに。多くのMP3プレーヤーはUSB給電中はUSBメモリとして認識され、プレーヤーとして使えない製品が多いので、どうせなら2万円程度まで価格を上げても、内蔵させて欲しかったところです。予備目的のためだけに17,800円出資して、持ち運ぶというのは、正直どうかな〜と思います。



眼球に埋め込まれたカメラで見た物すべてを記録し映画にするプロジェクト

事故で片目を失った人が、義眼ではなくカメラを埋め込み、その日見たものを録画した映像でドキュメンタリー映画を作ろうとしているそうです。

義眼とまでは行かなくても、将来的にはメガネに装着したカメラで、その日の一日の行動をすべて録画できるデバイスは、出てきそうな気配はあります。もっとも実現するとなると、バッテリーの問題や、優れたブレ防止機能がなければ実用レベルにはならないでしょうが。後頭部につけたカメラで、自分の見えてなかった視点で1日を振り返ったり、他の人がつけているカメラで、その人の一日を疑似体験したりなど、実現すれば、技術的には面白そうだなーとは思います。

しかしそこには必ず、プライバシー問題が関わってきます。集団浴場とか、いかにもな場所以外にも、映画館や美術館、コンサート会場など、撮影が禁止されている場所は数多くあります。たとえ撮影した動画を当人だけが楽しむ目的だったとしても、盗撮される側からすれば納得できるものではないので、犯罪にされてしまうケースが多くあります。特に日本ではプライバシーに関する意識が高く、携帯電話で写真を撮る時には予防策として、必ずシャッター音が鳴るようになっています。

しかし日常生活の中でも防犯カメラなど、気づかれないうちに結構撮られている気がします。もしかしたらマジックミラーや、何か違うものに擬態させたカメラを使った、原始的なテクニックで盗撮されている可能性もあります。また、私たちはカメラと言えば真っ先にレンズを思い浮かべるわけですが、仮に、壁全体を巨大なCCDにして、電子シャッターで無音で撮影できるような技術ができたとしたら、盗撮を見破ることは、ほぼ不可能になってしまいます。

何を撮影したら盗撮という境界線を法律で決めるのは難しく、社会通念によって常に変化します。結局は撮影される側が不快に思わないことが基準になると思うので、皆さんも写真や動画を撮る時には気をつけましょう。

新型iPod shuffle登場、重さはわずか10グラム、曲名をしゃべる機能搭載

iPodshuffleの新機種が発売されました。本体がさらに小さく軽くなったのに、10時間連続再生できるのはたいしたものだと思います。今までのshuffleシリーズは液晶画面がついていないので曲名を調べることができなかったのですが、今回の機種には曲名を音声で読み上げる機能がついており、発音の正確さはともかく、曲名を知ることができるようになっています。

音楽再生機能だけなら、すでに499円で買えるMP3プレーヤーなんてのもあるわけですが、やはりアップル社のデザインに惚れ込んでる人や、質を求める人は、今回の新機種も買っちゃうんだろうなぁと思います。

でもここまでの小型化ができるのであれば、いっそのことイヤホンに内蔵させちゃえばいいんじゃないかと思います。プレーヤーがどんなに小さくなろうが、イヤホンの大きさは必要なわけですし。ヘッドホン一体型のプレーヤーはいくつかありますが、大きいんですよね。

個人的には、他人からは音楽を聴いていると悟られないプレーヤーが登場することを期待しているのですが、なかなか出ませんね。骨伝導とか、特定の年齢層にしか聞こえない音とか、いろんな技術がありますが、いつかは実現するのでしょうか。

なお、より良い音で音楽を楽しみたい人は、「MP3通信」も参考にしてみて下さい。

≪ 前のページ 1 2  次のページ ≫


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。